このあいだ、散歩なのか徘徊なのか、ねえちゃがちょっと出かけたついでに寄ったというドラックストアで買ってきた、こんにゃくゼリーが冷蔵庫を埋めています。

特別に好き、というわけではないようですが、何となく食べたくなったそうで4袋もまとめて買ってきました。

「それにしてもなんでそんなにたくさん買ってきたの」と聞いても、本人ははっきりとは応えません。

こんにゃくゼリーは、ゲル化するのにゼラチンの代わりにコンニャクの粉末や精製された食物繊維を、果汁などに混ぜて固めた弾力に富む生菓子。ゼラチンのものに比べて弾力の強い食感に特徴があります。

口のなかの温度でも溶けないため、高齢者とかが噛まずに飲み込むと、のどに詰まって窒息する恐れがあり、実際に死亡事故も少なからず起こっています。

最近は、のどに詰まらないように、形や大きさを工夫したり、警告マークや注意文が記せられています。

一方で、こんにゃくゼリーには水溶性食物繊維の一種が豊富に含まれ、お腹の中で糖を包み込んで吸収を遅くする作用があります。そのため、血糖値が急激に上昇するのを防いで空腹感を防ぎ、脂肪の蓄積を遅らる効果もあります。

アタマがおかしいと一日寝てばかりいても、驚くほど食欲が旺盛なねえちゃ。ひょっとしたら、ふとダイエットのためにと思って買ってきたのでしょうか。