大相撲春場所の新番付が発表になりました。稀勢の里は「西の横綱」となり、番付には17年ぶりに4人
の横綱がならびました。

初場所で、初金星を含む2横綱2大関撃破と大活躍した長野県の星、御嶽海は「東小結」に昇進し、2場所ぶりで三役返り咲きを果たしました。

そんな御嶽海に関する地元のニュースをねえちゃと見ていたら、雷電のことが取りあげられていました。

長野県(信濃国小県郡大石村)が生んだ、史上最強ともいわれる江戸時代後期の力士、雷電爲右エ門(1767-1825)のことです。

身長2メートル近い大型力士で、江戸本場所在籍36場所中の総成績は254勝10敗。なんと96.2%という驚くべき勝率は、あの白鵬でも遠く及びません。1795年から16年間、大関の地位を守り、43歳で引退したそうです。

いまなら当然横綱になっていたはずですが、当時の横綱という地位は将軍が観戦する上覧相撲を機に免許される土俵入りの資格で、番付の最高位は大関でした。そのため、運が悪かったのか、雷電には横綱免許の機会がなかったようです。

御嶽海は、新三役だった昨年の九州場所では、残念ながら6勝9敗と負け越しに終わりました。でも今度は、地力がグ~ンと増して、十分、三役に定着できる実力を備えてきたと思います。

いまの勢いなら近い将来、雷電と同じ大関、さらにはその上だって夢ではないでしょう。注目の来場所、ねえちゃもその気になってテレビ観戦してくれればいいのですが。