ドラえもん神棚

2017年02月23日

改修

シロアリの予防・駆除、湿気対策、地震対策など、木造住宅を長持ちさせるサービスをしている「アサンテ」という会社の担当者の人から、きょう私の家に電話がありました。

ねえちゃの家の床下の検査をした結果、差し迫った問題はなかったようですが、将来のために、いろいろと手を入れられるところはあるがどうしましょう、といった内容のようです。

知らない人から電話がかかってくると、ねえちゃはわけもわからずすぐに言われるまま、引き受けたり買ったりしてしまいます。

なので、何だかわからないことで電話がかかってきたら軽請け合いはせず、東京の私の自宅へ電話を回すように言っています。

最近やっとそれが習慣的に出来るようになってきて、あれこれ私のところへ回ってきます。

平成の始まりとともに新居に入ったので、ねえちゃの家は築30年になります。

すぐにリフォームしなければ住めないというわけではありませんが、あちこちボロくなってきたところは出てきています。

最近、ねえちゃは、ときおり「どこか施設へ入れればいいんだけど」といった言葉も口にするようになりました。

今後、長く住む予定が立たないこの家にどこまで手を加えるべきなのか、悩みどころです。



harutoshura at 23:01│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラえもん神棚