きょうは、デイサービスの日。最近はすっかり習慣になって、それを楽しむというところまではまだいかないようですが、以前のような抵抗感は消えました。

以前、少し高めだった血圧も、きょうのセンターでの数値は、上128、下82と安定しています。

「きょうやったことで、何か覚えてることないの」と聞くと、

いつも返ってくる「お風呂へは入ったのは覚えている」だけでなく、「何言ったか忘れちゃったけど、みんなとガヤガヤしゃべった」という返事が加わりました。

また、「食べたもので何か記憶にあるものないの?」と聞くと、口の前に、親指、人差し指、中指を持って来て「こういうお菓子」といいます。

どうも、メニューにある「お米のメイプルマフィン」なるもののようです。

マフィン(muffin)は、カップケーキ型のような型を用いて焼く、甘くふんわりとしたケーキのようなパンのこと。パンは普通イーストを使いますが、ベーキングパウダーを用いてふくらませます。

メイプル(maple)は、もともとサトウカエデの樹液をいうそうですが、ここでは甘味料のメイプルシロップのことなのでしょう。

もちろん、ねえちゃは「マフィン」なんてシロモノ、なんだか知りもしません。でも、指で示す記憶にしても、あった、ということは一歩前進です。