体温誰もいない

2017年02月12日

焦げ秋刀魚

きょうは日曜日でワタミの宅食もないので、生協に注文して随分前から冷凍してあった秋刀魚を焼いて食べようと、ねえちゃに久しぶりに料理をしてもらうことにしました。

料理といっても、冷凍秋刀魚をクッキングシートに乗っけて解凍して、解けたら塩をふって焼けばいいだけです。

ねえちゃはしばらく料理らしい料理をしていなかったので、「ここを開けて、スイッチはこれで」と、赤外線クッキンググリルの使い方を復習しました。

それから、容器が似ていて味の素と食塩をよく間違えるので、グリルの近くに食塩のビンだけを置いておきました。

秋刀魚を冷凍庫から出して夕方、私が少し外出すると、その間にもうねえちゃは秋刀魚を焼いていました。

ところが、テーブルの上に置いてある秋刀魚を見ると、全体が焦げあがって水分もなく硬直しています。

何を思ったのか、せっかく準備しておいたグリルを使うのを忘れて、フライパンで焼きまくったようです。

「あ~あ。久しぶりの焼き秋刀魚を楽しみにしてたのに!」と、ガックリ。かなりしつこく小言をならべました。
 


harutoshura at 23:02│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
体温誰もいない