コンビニアデュカヌマブ

2017年02月04日

9大法則・1原則

「認知症の人と家族の会」の入会の案内というのを見ていたら、家族がつくった「認知症」早期発見のめやす、というのがありました。

ねえちゃは、「今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる」「同じことを何度も言う・問う・する」「慣れた道でも迷うことがある」など20項目のうち、「自分の失敗を人のせいにする」以外の19項目にあてはまりました。

それから、認知症を理解するための9大法則・1原則、というのも載っていました。

第1法則は、記憶障害に関する法則で、「新しく言ったこと、見たことやったことを直後には忘れる」(記銘力の低下)、「経験したことそのものを忘れる」(全体記憶の障害)、「現在から過去にさかのぼって忘れていく」(記憶の逆光性喪失)の三つ。

第9法則の衰弱の進行に関する法則は、認知症の人の老化は、そうでない人の約3倍のスピードで進む。

それから、介護の1原則というのは「認知症の人がつくる世界を理解し、大切にする。本人が取り繕わなくてもいい「気配り」をすること。

うん、うん、なかなか説得力があるな、と思ってながめていました。



harutoshura at 21:53│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
コンビニアデュカヌマブ