習慣9大法則・1原則

2017年02月03日

コンビニ

ねえちゃの家からいちばん近い店はコンビニの「ファミリーマート」です。田んぼのわきの道から道祖神の前を通って、5分ほどでたどりつきます。

けれど、コンビニで何かを買うことはほとんどありません。いまだに夜中の何時に行っても開いていることが、信じられない様子です。

国道を隔てたファミリーマートの向かいにはドラッグストア「クスリのアオキ」があります。常用している「葛根湯」などをここで買っていますが、最近、おかずやお菓子、飲み物などもスーパーのように安く売っていることを知って驚いています。

コンビニは、1971年代に、セイコーマート、ファミリーマート、セブン・イレブンなどが出店をはじめてから、爆発的に広まっていったようです。

このころ以降、若者であった世代にとってコンビニは、生活になくてはならない“必需品”。でも、コンビニとは無縁に育ってきたねえちゃには、その使い勝手はピンとこないのでしょう。

値段は平均すれば、スーパーのほうがコンビニより安いでしょう。でも、一人でちょっと食べるお弁当やお惣菜には、コンビニの方が便利でお得なものも少なくありません。

「せっかく近くにあるのだから、一人で食事していて何か一品ほしいな、と思うときにコンビニものぞいてみたら」というと、ねえちゃは半信半疑で頷いていました。



harutoshura at 22:23│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
習慣9大法則・1原則