たまにぶらっと散歩で外に出たときねえちゃは、自分たちと同じ30年前頃に建った家で、空き家になっているところが一軒、二軒と増えているのが気になって仕方がないそうです。

介護施設へ入ることになったのか、子どものところにでも同居するようになったのか。家から出て行っても、新しい入居者が来る様子がないのが気がかりだといいます。

少子化を背景に、この2、3年、全国的に空き家問題がいっきに顕在化してきています。亡くなったり施設に入ったりした後、家を継ぐ人が居なくなってきているのです。

売るにも売れない、貸す相手もなかなか見つからない。そのまま放っておけば、固定資産税がかかるうえに維持管理費もかかるのでマイナスでしかない。

「気を遣ってばかりの官舎のときとか考えると、いまの自分の家がいちばんいい」とねえちゃはいいます。

空き家問題は、ねえちゃだけでなく、周辺の私たちにとっても差し迫った問題になりつつあります。