“暗くなったらすぐに食事にする”と、ねえちゃの頭の中にある“生物時計”には刻まれているのでしょうか。

きょうもいつものように午後6時前にせっせと一人で夕食を済ませ、食器を片付けて日記を書いています。

「夜はいっしょに正月用のタコを切って食べよう」と、昼には約束していたのですが、やはりそんなことはどこかに吹っ飛んでしまっていて、冷蔵庫にあるおかずで「一人で食べちゃった」。

私が居ることは認知しているようではあるのですが、食べることに関しては、まるで意地悪バアさんのように問答無用にマイペースを貫いています。

最近はそれが当たり前になってきたので、こちらも怒る気力もわいて来なくなりました。

一人で正月用のタコ、というのもなんなので、午後6時ごろ近くのスーパーで見切り品を少しと、ねえちゃの好きな饅頭を買って来ました。

私が自分のおかずを作っていると、夕食後の“お茶”の時間なのか、その饅頭を一人でパクパクおいしそうに食べています。