きょう東京へ帰らなければならなくなった私は、残りものをかき集めて、お昼に焼うどんと茸ソースのパスタを作りました。

ねえちゃは肉が嫌いなので、「パスタなら肉入ってないけど食う?」というと、食べると言います。

私が作ったのでうまくはないのに決まっているのですが、歳をとって味覚も衰えてきたのか、「おいしい」「おいしい」と涙を浮かべながら食べています。

むかしは料理作りが自慢だったねえちゃ。でも、いまでは作るすべを忘れてしまったのか、気力も湧いてこなくなっってしまったのか、すっかり料理ができなくなってしまいました。

そういうのがなんとももどかしい、というのもあるのか、最近ずいぶん涙もろくなって来たなと感じます。