大河ドラマ「真田丸」も、とうとう最終回の放送が終了しました。思ったよりアッサリ系の最後だったな、という感じがしています。

真田氏ゆかりの上田市では、パブリックビューイングがあって、詰め掛けた人たちが「赤備え」の甲冑にちなんだ赤い衣類などを身に着けて最終回を見届けたそうです。

また、主人公の信繁(幸村)がモデルのご当地キャラクター「真田幸丸」と、来年の大河「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎の生まれ変わり、という浜松市のキャラクター「出世法師直虎ちゃん」が交流するイベントもあったとか。

信繁の兄、真田信之の所領は上田から松代へと移りましたが、松代はねえちゃの家の近くにあります。今年は、そんな松代でもいろんなイベントが開かれて賑わいを見せました。

近くが舞台になっているんだから話題の「真田丸」くらいは毎週見るようにしたらと、ねえちゃには何度も言ってきましたが、とうとう、どういう時代劇なのかチンプンカンプンのまま1年が過ぎてしまったようです。